葬儀とはご臨終から始まり、遺体の搬送、納棺、通夜、出棺、火葬、告別式、骨上げまですべての事を含めて葬儀といいます。しかし仏教・神教・キリスト教など信仰している宗教により葬儀は変ってきます。また故人や家族の希望で、一般葬、社葬、合同葬、家族葬、密葬、1日葬、直葬など、葬儀の種類もいろいろあり、場所も自宅や会館・斎場・寺院・教会と様々です。では最も多い一般葬で約80万~120万円くらいですが、葬儀費用のみなのでこれに飲食代やお布施、そのほかいろいろ細かい部分の出費はあるようです。家族葬では約半分くらいになります。死はなかなか予測のつくものではないので、迷う暇もなく決めて後悔のないように、元気なうちから本人の望むものを聞いておくのも良いでしょう。値段を下げることだけを考えて、全体的にすべてのものを最低ランクにした方は後悔することが多いようです。ここだけはお金を掛けたい、これはいらないと言ったこだわりで金額を決めることができれば、納得のいくものができるのではないでしょうか。