合同葬についてですが、これは一般的に費用を抑えるために行われる場合や、生前仲が良かった人が同時になくなった場合について行われる葬式であります。これにはどういった形で行われるかといいますとまずホールについては大ホールを使用します。また費用につきましては店に家族で分担して行われるケースがあります。この合同葬におきましては同時に行われる葬式でありますので、お寺様も話し相手よって決められます。また、ホールの祭壇やお食事につきましてもこれも両者の話し合いによって、決められていくのです。メリットとしましては費用が安く抑えられること、また同時に行うことによりまして、生前仲良くされていた方と同時に供養ができるということです。また人数も多くなってしまいますので、控室等の準備も大きな場所を準備しながらなくてはならないので少し大変ですが、いろいろなことを考えますとこういった方法でのお葬式もオススメです。検討の際には、両者を交えての検討が必要になってきます。