いろいろな葬式の方法がある中、一般的におこなわれているのが一般葬式です。この組織におきましては、いろいろなことを考えなければなりません。葬儀打ち合わせ前に、参列される方の人数や、お食事等を考えなければなりません。その中でも、ご親戚やご家族の方のニーズについては大体把握できるのですが、ご近所やご友人の方がどれだけ参列されるかとかはこの時点ではわからないと言うのが一般的です。そのための方法としましては、あらかじめ大人数の3列を予想し色々な準備を進めてことが大切です。人数が少なかった場合は、香典返し等の品は葬儀終了後に返却できることも可能になっていますので、香典返しの品は多めに準備しておくことが大切です。またお料理等についても多めに準備しておいて、残ってしまった場合はそれぞれで、杯子お持ち帰りしたこと可能になっています。一般層に起きましては、いろいろなことを考えなければならないため、周りの人や打ち合わせ時にしっかりとした、内容を決めておくことが大切です。