家族などの親しい人が亡くなったあと葬儀を執りおこなうわけですが、その葬儀は大きく二種類、家族葬と一般葬とに分けられます。一見すると同じようにしか思えないこの二つの葬儀形式は、実は全く別のものとなります。もちろん共通している部分もありますが、多くの点で異なっているのです。
一般葬の場合、葬儀に呼ぶ参列者は家族や親戚、故人が親しかった人物などは当然として、他にも近所のかたや勤め先の人間など、故人と関係がありそうな人物全般に声を掛けることになります。それと比べて家族葬の場合は、家族や親戚、故人の親しい友人など、極めて小さな範囲で葬儀を執りおこなうのです。
そのため家族葬の場合はシンプルで費用のあまり掛からない葬儀形式となることが多いですが、一般葬の場合は大人数でおこなうため、必然的に高額となってしまいます。
それ以外にも家族葬の場合は、式場や香典などが小規模なものになりがちですが、一般葬では広い式場を選んだり、香典返しをすることも当然のようにあります。