社葬というと聞きなれない、参列したことがないという方も多いかもしれません。
社葬と一般的な葬儀の違いは施主が異なる事です。家族葬などは施主が故人の遺族になりますが、社葬は個人の所属していた会社になります。また喪主を遺族の代表が勤めますが、施主は企業となります。葬儀委員長は個人が所属していた会社の代表者、多くは代表取締役社長などが勤めます。
個人葬ではなく、社葬になるのは故人が所属していた会社に対しての貢献度と今後の会社の体制を内外にアピールするために行います。
会社ですので、参列者は一般葬に比べて多くなりますし、多額の費用が掛かります。一般的に費用は会社持ちの事が多いようですが、遺族の方と話し合って決められます。ただし、お別れの会になると宗教色が薄れた葬儀になります。
また会社のイメージもありますので、準備には社葬などに慣れた会社を選ぶ必要があります。もしもの時に参列する場合、一般葬との違いを理解して参列する必要があります。