以前はお葬式に関する費用は会場費、僧侶にかかる費用、火葬や祭壇にかかる費用などがそれぞれ別の設定でトータルして計算していましたが、最近は葬儀社によるコース別のプランが充実しており、そちらを利用される方が増えています。例えば、最近流行りの家族だけで行う家族葬の場合、自宅を会場とすると30万円~40万円でお葬式と火葬や僧侶にかかる全てを賄う事が出来、斎場を利用したとしても50万円前後で行えるようです。また、最近増えているお通夜や葬儀・告別式を行わずに自宅でお別れの儀式のみを行い、火葬をするというお葬式の場合は祭壇や火葬場の使用料、遺影などの費用込みで20万円前後で行う事が出来ます。他にも故人が生前にお葬式は行わず、火葬後は海洋散骨・自然葬などを希望する事が増え、それらを専門に行っている葬儀社もあります。そういった海洋散骨・自然葬を行う場合は、火葬や死亡診断書にかかる費用を除き5万円ほどでお葬式が出来ます。